あさラジオ Ep.10 Short Story「自動販売機(じどうはんばいき)」

Momoko To Nihongo あさラジオ Ep.10

Listen from Here🎧

 

2021年2月1日(月)今日の天気はくもりのち雨、今の気温は二度。でもお昼は十三度まで上がります。暖かいけど、雨だからジョギングはできません。残念ですね。

私が起きた時間は、7時です!うん、がんばりました。

 

Today’s Asa Radio, let me tell you a short story that I made.

The topic is “a vending machine”.

Today’s story is a little bit difficult, at the level of JLPT N2.

But I’ll teach you vocabulary later, so I hope listen to it till the end.

 

今日のあさラジオでは、私が作った短い話、ショートストーリーを話します。

トピックは「自動販売機」です。

今日の話はちょっと難しくて、JLPT N2くらいのレベルです。

あとで語彙も教えるので、最後まで聞いてね。

 


暑い。外を歩いているだけで、汗が止まらない。家から持ってきたお茶も無くなってしまった。Tシャツが体に張り付いて、気持ち悪い。顔にシミができるのが嫌で日焼け止めクリームを塗ったけど、そんなクリームに効果はない。今、自分の顔が太陽に焼かれて真っ赤になっていることくらい、鏡を見なくてもわかる。

ようやく駅にたどり着いた。私が乗りたい電車はあと4分で発車する。喉がカラカラ(=乾いている)で、自然と口が開いてします。目の前にコンビニがあるが、レジには3人ほど並んでいるのが外から見て分かった。ええい、あきらめよう。電車に乗らなきゃ、会社に遅れてしまう。電車用のカード、Suicaを改札にタッチして駅に入った。すると、そこには、大きくて赤い、四角い機械があった。そう、自動販売機だ。ガラス窓の奥から、お茶やジュースたちがこちらをじっと見つめている。キラキラと輝いていて、私は自動販売機から目が離せなかった。足は迷わずそちらへ向かい、右手に持ったままのSuicaカードを機械の方へ伸ばした。

ぴっ。その音が聞こえた瞬間に、冷たいオレンジジュースのボタンを押した。がらん、がらん、という音と一緒に、オレンジジュースが降ってきた。あぁ、オレンジジュースだ。ほっぺの奥が、少し酸っぱく感じた。

ペットボトルは氷のように冷たくて、気持ちいい。私はふたを開けながら、電車のホームへ早足で向かった。ホームの階段をのぼり始めたところでオレンジジュースのふたをとって、すぐに口をつけた。すると、さっきまで砂漠だった口の中が、その一瞬で花畑に、ビーチに、いや、オアシスになった。

プルルルル

電車がまいります。ご注意ください。

私はもう一度オレンジジュースを飲んでから、電車に乗って会社へ向かった。

 


February 1, 2021 (Monday) Today’s weather is cloudy and then rainy, and the current temperature is twice. But lunch goes up to 13 degrees. It’s warm, but it’s raining so I can’t jog. That’s a shame.
The time I woke up was 7 o’clock! Yeah, I did my best.

Today’s Asa Radio, let me tell you a short story that I made.
The topic is “a vending machine”.
Today’s story is a little bit difficult, at the level of JLPT N2.
But I’ll teach you vocabulary later, so I hope listen to it till the end.

Today’s Asa Radio tells a short story, a short story I made.
The topic is “vending machines”.
Today’s story is a little difficult, at the level of JLPT N2.
I’ll teach you vocabulary later, so listen to it till the end.


hot. I can’t stop sweating just by walking outside. The tea I brought from my house is gone. The T-shirt sticks to my body and I feel uncomfortable. I didn’t like the stains on my face, so I applied sunscreen, but that cream has no effect. You can tell without looking in the mirror that your face is now burnt in the sun and turned bright red.

I finally arrived at the station. The train I want to take will depart in 4 minutes. My throat is karakara (= dry) and my mouth opens naturally. There is a convenience store in front of me, but I could see from the outside that there were about three people lined up at the cash register. Yeah, let’s give up. If you don’t get on the train, you’ll be late for the office.

 

I entered the station by touching the ticket gate with the train card, Suica. Then there was a big, red, square machine. Yes, it’s a vending machine. From the back of the glass window, tea and juice are staring at us. Glittering, I couldn’t take my eyes off the vending machine. Without hesitation, my leg went there and extended the Suica card I had in my right hand toward the machine.
Pip. The moment I heard the sound, I pressed the button for cold orange juice. Orange juice came down with a rattling noise. Oh, it’s orange juice. The back of my cheeks felt a little sour.

PET bottles are as cold as ice and feel good. With the lid open, I quickly headed to the train platform. When I started climbing the stairs on the platform, I took the lid of orange juice and immediately put my mouth on it. Then, the mouth, which had been a desert until a while ago, instantly became an oasis in a flower garden, on the beach.

The train is coming. please note.
I drank orange juice again and then took the train to work.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です